SVC-200
管球式ラインコントロールアンプ

入出力をアンバランスのみに統一、さらに使用真空管を計2本(1本/ch)にとどめることで、球の素性の良さを100%引き出すシンプルな構成としました。これにより、プリント基板未使用(※上位機種のSVC-1000も同様)ながら、キットの設定も可能となりました。
キットの場合、プリント基板を用いないオーソドックスな配線方法により、ベテランの方は容易に回路変更が可能です。また、信号系と電源系をそれぞれサブシャーシ構造とし、初心者の方にも安心して組めるよう配慮いたしました。
回路は無帰還構成としながら、高SN比とワイドな周波数帯域を実現、現代のデジタルソースに余裕を持って対応します。
トランスは電源、チョークともにタムラ製作所の特注品を使用。また、CRパーツに関しては、アルプス製ミニデテントVR、KOA製抵抗、ASC製コンデンサーといった内外の高音質のものを採用。
オプション設定であった電源部の真空管整流について、標準化へのご要望を数多く頂戴いたしまして、従来のトランジスタ整流方式を廃止し、真空管整流方式を標準仕様といたしました。

旧トランジスタ整流仕様の電源部   現在の真空管整流仕様の電源部

好評の真空管整流方式はそのままに、さらなる音質の向上を図るため、2018年6月よりメインシャーシと内部のサブシャーシをステンレス化(※上部カバーは従来通りの鉄製)、また、背面のRCA端子もハイグレード化いたしました。(※これに伴ないまして下記の価格へ改定いたしました)

真空管整流仕様(シャーシ変更前)の内部配線 シャーシ変更に合わせ入出力端子部をリニューアル

【キット全体のイメージ】 (画像クリックで拡大表示)
※ステンレス製のメインシャーシとサブシャーシを採用
使用真空管 ECC82/12AU7 x2
6X4 x1
入力 4系統、REC IN/OUT付
出力 2系統 最大約30V
周波数特性 10〜100kHz/±1dB
GAIN 22dB
残留ノイズ 1.5mV以下
外形寸法 W364xH100xD280mm
重量 7kg
価格 【 キット 】¥157,000 (税別)
【完成品】¥230,000 (税別)
※改良のため、予告なく外観・仕様を変更する場合がございます

【RCA端子をアップグレードし新配置とした背面】 (画像クリックで拡大表示)

現在、弊社SVメインアンプシリーズをラインダイレクトでお楽しみの方のグレードアップ用に、また、初めてコントロールアンプKITを製作される方の入門用に最適のモデルです。
弊社SVメインアンプシリーズ(SV−300BSMとSV−50TSMは除く)を重ねてお使いいただけるよう、幅、奥行きを合せた設計となっております。

【 SVC−200(旧トランジスタ整流仕様)専用オプション 】
「真空管整流用電源キット」
【電源トランス付】¥46,000 (税別)
【電源トランス無】¥19,000 (税別)

好評発売中 !!

←(クリックすると内容詳細のページへジャンプします)


前面拡大写真 (JPG68K)