SV−PM200
シングル・ステレオ・インテグレーテッドアンプ

前段は双3極管6SN7GTを(1本/ch)使用した2段増幅。
出力管のEL34には3極管接続方式を採用。
配線にはプリント基板を一切使用しないリード線タイプを採用。
トランスは全種(出力、電源、チョーク)にわたりタムラ製作所の特注品を使用。
出力トランスにはコストリダクションタイプを採用し、シングル・ステレオの機種としては大幅なコストダウンを図りました。
シングル・ステレオ・メインアンプの機能に入力セレクター(3系統)とテープモニター(REC IN/OUT:各1系統)を付加した仕様。

使用真空管 6SN7GT x2,EL34 x2,
GZ34/5AR4 x1
出   力 4.5W + 4.5W
入   力 3系統、REC IN/OUT付
入力感度 200mV
入力インピーダンス 100kΩ
出力端子 8Ω
周波数特性 15Hz〜28kHz/−1dB
10Hz〜80kHz/−3dB
ノイズレベル 1.5mV以下
外形寸法 W360xH190xD270mm (突起部含む)
重   量 17kg
備   考 出力管のEL34はEH(ロシア製)
価   格
(全真空管を含む)
【 キット 】¥157,000 (税別)  ※1
【完成品】¥246,000 (税別)
改良のため、予告なく外観・仕様を変更する場合がございます。

※1 組立てる際必要となるパーツ(配線材、ハンダ、抵抗・コンデンサー等)すべてが付属します。また、トランスや端子類など主要部品はシャーシに実装済のため、主な作業はハンダ付けとなります。

通常のメインアンプ(SV−6V6SE、SV−2A3など)の場合は入力端子が1系統のため、ソース切り替え時にケーブル着脱といった作業が必要になりますが、本機に関しては、それらを最大3系統まで同時に接続、前面のセレクターツマミ操作一つで瞬時に切り替え可能です。


拡大写真 前面 (JPG68K)
背面 (JPG69K)

シリーズ一覧へもどる