SAT-2000
MCカートリッジ用昇圧トランス

78%パーマロイEIコアの採用、さらにコイルを特殊分割巻きとすることで、ストレーキャパシティーの低減とフラットな周波数特性を同時に実現しています。
その上で低インピーダンス側(3Ω)と高インピーダンス側(20、40Ω)をそれぞれ1個の独立したトランスで構成。つまり、2個一組で片チャンネル、計4個のトランスでステレオ編成としています。(種々のカートリッジの性能をフルに引き出すために生まれた贅沢なかたちです
これにより、低インピーダンス側(ORTOFONなど)と高インピーダンス側(DENONなど)に適合する2種類のMCカートリッジの組合せであれば、プレーヤー2台あるいはツインアームのプレーヤー1台の出入力系統のケーブル接続をつなぎ替えることなく構築できます。
ただしこの場合、高インピーダンス側は20Ωまたは40Ω端子のどちらか一方での接続(単独負荷)となります。

片chあたり2個のトランスを角型ケースに封入 トランスの結線図 (※片チャンネル)

インピーダンス 3Ω:47kΩ
20−40Ω:47kΩ
(チャンネルバランス:0.5dB以内)
周波数特性 10Hz〜100kHz(±3dB)
チャンネルセパレーション 80dB以上
外形寸法 W150xH85xD214mm (突起部含む)
重   量 2.5kg
価   格 (※完成品のみ) ¥165,000 (税別)
改良のため、予告なく外観・仕様を変更する場合がございます。
【 シャーシ内部の構造 】
向かって右側に配置のトランスがR、同左側はLチャンネルに対応
【 シャーシ背面 】
入力1(3Ω)は出力1、入力2(20Ω,40Ω)は出力2に対応

拡大写真 内部 (JPG71K)
背面 (JPG76K)