バナー 哀愁街道

(演歌のナレーション風に)

私の小ネタ・・もとい日常をダラダラとつづってます。おヒマな方はおつきあいを。

TOPにもどる | まえ | つぎ | 2007年 | 05700


2008/04


0102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930


先月 来月
(タイトル)

レッサーの聖地?市川へゴー[2008/04/06]


レッサーの聖地?市川へゴー[2008/04/06]

天気いいしどこか出かけよう・・と決めて向かった先は市川。レッサーマニアの聖地?、市川市動植物園に行くことにした。高井戸から首都高に乗って、京葉道路の原木で下りる。中山競馬場を避け、トマトと梨園が点在する中を走り抜けるとそこは動植物園。まっすぐ向かえば1時間少々。意外と近かった。



中に入り、少し歩くとレッサーが三匹、野外展示されている。名前が出ているものの見分けがつかない。一匹は小屋に隠れて寝ていたが、2匹は草をつまんだりうろうろ。そのうちの一匹が木に登って小屋の屋根に移動。そこで寝そべった。かーわーいーいー(^O^)。





3匹の様子を見てるだけで閉園時間になりそうなので、他の動物の様子も見にいった。種類が多くないので全部見ても時間はかからない。カワウソ、アライグマ、タヌキ、ミーアキャット・・他の動物もかわいいがレッサが1番(笑)。



レッサの聖地といわれるだけあって他にもレッサを展示している。少し離れたところでは1匹ずつ個別に展示されていた。天々、ナミ、シーンファ、カツオ。カツオは説明に『となりをあつくみている』と書かれるくらい、しょっちゅう隣のシーンファの様子を見ている。後ろ姿はかわいい、というよりもちょっと哀愁を帯びている(笑)。



閉園時間が近づいたので戻りぎわに見てから帰ることにした。先ほどの野外展示の裏ではおじいちゃんパンダ健健がいた。動きも遅く、のんびりというよりもよぼよぼ・・。パンダは暑さに弱いというので夏場乗り切れるのかなんだか心配・・。長生きしてね。



野外展示に戻ると、3匹で今度はじゃれあいタイム。交互にジャレあっている。一回立ち上がって、ゆっくりと倒れるのは威嚇?何かのアピールなのだろうか?。ゆっくり倒れてじゃれあうあたりはものすごくかわいい。あっというまに閉園時間まぎわになってしまったので、別れを惜しみつつ帰路へ。ルートの選択がよかったのかさしたる渋滞もなく明るいうちに帰宅できた。





4号舎の場所がわからなかったのでもう1匹を見逃してしまったけど、総勢9匹は見がいがあってたまらない。しょっちゅう通っている(であろう)レッサーパンダのブログの人たちの気持ちがわかる気がする・・。くー、また行きたいーーー(><)。




TOPにもどる | まえ | つぎ | 2007年 |

このページは随所に写真を掲載しております。載せられて困る方いらっしゃいましたら、恐れ入りますがご連絡下さい