ネットブックの使い道 その1

我が家に転がっているネットブック『Inspiron Mini9』(以下、mini9)

何か使い道がないものだろうかと、この頃いぢっておりますが イマイチこれだって言う使い道がない。

商品名 Inspiron Mini9
CPU インテル Atomプロセッサー N270 (1.6GHz, 512KB L2キャッシュ、533MHz FSB) 32bitCPU
メモリ 1GB(533MHz, DDR2-SDRAM) → 2GB
SSD 16GB → 64GB
チップセット モバイル インテル 945GSE Express
グラフィック インテル GMA950
ネットワーク イーサネットポート(10BASE-T/100BASE-TX, RJ-45)、802.11b/g 内蔵ワイヤレスLANモジュール
Bluetooth 内蔵Bluetoothモジュール (V2.1+EDR)

とりあえず、『Chromium OS』を入れてみました。

『Chromium OS』って言うのは、『Google Chrome OS』のオープンソース版です。

『Google Chrome OS』って言うのは、天下のGoogleのオペレーティングシステムで、Linuxカーネル上に作成されていますがDebianのようなディストリビューションのようなものでもなく、どっちかと言えばAndroidのようなものだろうか。

話は戻って、mini9に『Chromium OS』をインストールしてみたんですが無線LANのチップセットメーカ『Broadcom』はライセンス上の懸念があるとかでドライバが同梱されていないようで、有線LANのみの使用となっております。

まぁ、ありていに言うと使い心地が悪い…。

せっかくの小型ノートPCなのになぁ…。

 

Chromium OS カスタムビルド配布ページにようこそ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です