ファイルサーバの構築

前回購入したサーバにパーツを組み込んでみました。

サーバ構成

商品名 富士通 PRIMERGY TX1310 M1
CPU Intel Xeon E3-1275 V3 4.5GHz
メモリ 24GB (8GB×2、4GB×2)
HDD 4TB×2(LVM)、3TB×6(RAID5)
SSD 256GB
光学ドライブ N/A
拡張バス PT3、D2616-A22、SD-PESA3ES2L
ビデオ Intel HD P4600 (GT2)

ファイルサーバにしては潤沢な感じですなw

拡張バスのD2616-A22は富士通のRAIDカードでRAID 0/1/5/6に対応しております。

miniSASを2ポート持っており、miniSAS 1ポートでSATA 4ポートを賄うため、最大で8つのSATAを接続できます。

まぁ、筐体の関係で6つのHDDでRAID5を組んでますがね。

5インチベイ2つは、HDD3つ乗せるためのマウンタを積んでますので元から乗ってたDVD-ROMドライブは外しちゃいました。

TX1310_001

底面に配置しているHDDは4TB×2です。

OSについては、次回以降で。

参考サイト

MegaRAID 設定方法 – WEB BIOSによる設定 – CCIE candidate 応援サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です