English (英語版はこちら)



* 長編小説『再びの朝(あした)』
 新日本出版社より出版しました。皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!




『風見梢太郎 原発小説集』 登場人物 
NOVELS OF FUKUSHIMA NUCLEAR DISASTER, CHARACTERS 
     


新作のご案内

* 『民主文学』2017年7月号に短編「崖の上の家」を発表しました(シリーズ完結作) 

* 『民主文学』2017年4月号に短編「予感」を発表しました 

* 『民主文学』2017年2月号に私の参加した座談会が掲載されています 

* 『民主文学』2017年1月号に短編「黒い凍土壁」を発表しました 

* 『民主文学』9月号に「小説を書くための基礎講座」を発表しました 

* 『民主文学』7月号に短編「山、再び」を発表しました 

* 『民主文学』4月号に神山悦子福島県議、和合亮一氏(詩人)との鼎談が載りました(2016年3月) 

* 『民主文学』2016年1月号に短編「袋小路の宿」を発表しました(2015年12月) 

* 『民主文学』8月号に短編「星明かりの庭」を発表しました(2015年7月) 

* 『民主文学』に短編「最後のビラ配り」を発表しました(2015年1月) 

* 『風見梢太郎 原発小説集』の登場人物の鉛筆画です(2015年2月22日更新)  "登場人物"

* 『民主文学』に「破界」を発表しました(2014年10月) 

* 『風見梢太郎 原発小説集』の書評です(2014年8月21日 しんぶん赤旗)  "原発事故と向きあう作家の精神"

* 出版しました(2014年8月)  "風見梢太郎 原発小説集 光陽出版社 1500円"

* 「しんぶん 赤旗」の連載が完了しました(2014年5月24日〜2015年1月26日) 

* 鉛筆画です "コムーネ・マリーノの人々( 一部、短編集『神の与え給いし時間』の登場人物)"

"旧作のご案内"




作品


小説

(山の小説、他分野の近作)


スケッチ


水彩


鉛筆画


エッセイ、紀行、山の記録

(随時更新)


備忘録




*連載小説「武庫の原頭」完結記念、電子スケッチ特別企画「高校時代」掲載


  
1948年福井県敦賀市生まれ、日本民主主義文学会会員、日本科学者会議会員、 東京都港区在住。 more portrait



GIFアニメはBEANETのものを使わせていただきました。

(時刻)