版画研究会のご案内

版画全般にわたって理解を深めるための研究を行いながら、将来は、国の公的機関
による版画美術館設立のための運動母体となることを目的として、1989年4月に
版画愛好者、版画商が中心となり設立されました。
活動の中心は、年6回の研究会とその要旨をまとめた会報(日・英)を年1〜2回
発行することです。
研究の内容は、歴史、時代背景、諸外国との関係、作家、技術、用具、保存方法、
マーケットの状況、ワークショップ、理想とする版画美術館などです。
以下にこれまで(第1回〜第63回)の研究会での講義概要の一部をご紹介致します。

講義内容 講師 日時

1.

版画の保存方法について 岩井希久子(絵画保存修復家) 1990.7.6

2.

鶴屋南北と五渡亭国貞 中山幹雄(美術評論家・演劇研究家) 1990.9.5
(歌舞伎絵の世界)

3.

和紙(わがみ)について 山田博茂(前山田商会社長) 1995.3.9

4.

弁慶浮世絵ばなし 岩切友里子(平木浮世絵美術館研究員) 1995.5.18

5.

木版凹版の版作り 木下泰嘉(木版画家) 1998.9.10

6.

明治末期から大正はじめの
日本の版画
西山純子(千葉市美術館学芸員) 1998.11.13

7.

長谷川潔の銅版画 猿渡紀代子(横浜美術館学芸員) 1999.7.23
(作品の中に見出されるもの)

8.

近代美人版画の流れ 松山龍雄(『版画芸術』編集長) 2000.5.19

9.

数学にみる遠近法の東西 新藤茂(国際浮世絵学会常任理事) 2000.7.28

10.

竹久夢二から創作版画へ 山田俊幸(帝塚山学院大学文学部教授) 2001.3.30

11.

北斎の富嶽図を見る 小山清男(東京芸術大学名誉教授) 2001.9.27



版画研究会の会員募集について

<活動内容>

1.

研究会
1).  2ケ月に1回
2).時 間 午後6時30分から8時の予定
3).場 所 第一オカモトヤビル4階 (東京都港区虎の門1-1-24)
銀座線「虎の門」8番出口0分、千代田線、日比谷線「霞ヶ関」A12出口
TEL:03-3591-8181
4).研究内容 版画についての理解を深めるためのあらゆるテーマ。
歴史、時代背景、諸外国との関係、作家、技術、用具、
保存方法、マーケットの状況、ワークショップ、理想
とする版画美術館の機能など。

2.

ニュースレター 年1〜2回の発行予定。研究会の活動情況の報告及び
情報など。

3.

国立美術館設立のための署名運動を行う。

4.

会 費
種 類 年会費(維持費) 研究会参加費
会  員 3,000 円 1,000 円 / 1回
特別会員 20,000 円 無料
会  員(海外) 3,000 円 1,000 円 / 1回
賛助会員 60,000 円 同伴者一名無料
全ての会員の積極的な研究会への参加を歓迎いたします。
研究発表の機会も得られます。
[ 送金方法 ]
・郵便振替 00170-4-53425 加入者名 版画研究会
・三菱銀行銀座支店 普通 024-0229958
入会申込票



版画研究会
会長 松岡春夫

〒166−0004 東京都杉並区阿佐谷南3-3-11(有)ギャラリー壮美内
TEL: 03-5397-4711, FAX:03-5397-4712, e-mail: g-sobi2@yd6.so-net.ne.jp




フロントページへ

ショールームへ

初期浮世絵版画 漆絵の浮世絵版画 紅摺絵の浮世絵版画 錦絵の浮世絵版画 幕末の浮世絵版画 明治の浮世絵版画 大正昭和の浮世絵版画 現代の浮世絵版画 
 浮世絵版画の技法浮世絵版画の道具 浮世絵版画の職人 浮世絵版画の魅力 浮世絵版画の未解決問題 浮世絵版画の評価 浮世絵版画の価格 創作版画 
新版画 新版画集団 版画研究会 版画の用紙 版画の顔料 版画の保存 版画の修復 版画研究会 浮世絵版画の研究 浮世絵版画技法の研究 浮世絵版画保存の研究
創作版画の研究 創作版画技法の研究 創作版画評価の研究 新版画の研究 新版画技法の研究 新版画評価の研究